simple but crazy / KIMURA

simple but crazy / KIMURA

 
シンプルな中にも
とてつもない考えが詰まったシンプルは
そんなに存在しない。
本日はシンプル is ベストではなく
シンプル is クレイジーなモノ。
KIMURAの半袖シャツ。
非常にシンプル。
一見本当にシンプル。
写真では伝わらない仕掛けや
作り手の思考と嗜好。
袖口
?????
おやっ??
そう
ミミ使いです。
故に身頃は生地が横使い。
このシャツのまさに見頃はここ。
だから何?ってなりますよね。
そもそもまず
このシャツは極限までステッチを減らすことを
考えて構造をデザインされており
その構造で作る上で
この生地だからこそ完成できた代物。
最近はシャツ生地のミミ(生地端)には
穴が空いている生地が殆どで
この生地の様にピンホールが空いていない
状態のものは中々見当たらない。
これは生地の織機によるもの。
細かい蘊蓄はさておき
レアな織機で織られた生地。
そんなレアな生地だからこそ
この仕様のシャツが完成できたという事。
まずは作りの上でクレイジーな点がこんな所。
次にクレイジーな所が
その着心地が異常にクレイジー。
ステッチを極限まで減らし
袖口、裾が生地端のままの仕様が故の
凄まじい着用感の軽さ。
纏わりつかない感覚に加えて
サラサラ過ぎるほどの肌当たり。
生地の高級感も合わさりとんでも無く
クレイジー。
写真では伝わらない縫製仕様と
写真では感じてもらえない着用感のリアリティ。
このリアリティは是非店頭にて
味わって頂けると嬉しく思います。
 
 
 
 
ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。